パソコンのひかりに包まれ

am 2:46

書き始めに、この闇の中に、パソコンのひかりだけに包まれた僕と、

人のぬくもりある気配、

それと、このパソコンと同時に消そうとしているエアコンの風向口から出ているコォーという浪費的な音が

僕の経度と、緯度に当たる存在。

am 2:50

4分前の自分はいずこか

書き残した文章ならここにある。

時の死がもたらした結晶をプレパラートに乗せ、

記憶とか、胸と画像だけに残る友人とか、

僕の現在の座標を支える全ての消費的な結晶を見る。

「それは費やされるために、つけなかった嘘、以外の全て」

愛するために、生きている。

愛が鏡を見て、愛と自覚するように。

Kenji Ayabe

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*

Spam Protection by WP-SpamFree