時は

N.Yからソンドレ・ラルケがが来日した

約6ヶ月

前回の共演の続きが演りたかった

経過した時の長さを、ステージに表現することが

今を生きている僕の、植物と同じ様な成長だということ

そのことが、3日前に亡くなった親しい友人の、

死から受取れたすべて

彼に聴いてもらいたかった。

生きているあなたには

どうにかして届けたい。

どうにかして。

http://ayabekenji.com

Kenji Ayabe.

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*

Spam Protection by WP-SpamFree