トイレには、城壁に響く鐘の音

ひと月
(新月から、次の新月が見える間にある時間)

その間海外での生活で

僕らに何があったかは

数十年後、その大切な人と

火葬場の煙突から風に乗り

遠く1万キロを漂い、

淡い森の上で雨粒となって

コーグスシュルコゴーデン「森の墓」に

僕らが埋葬されるまで

口元の皺の溝にも刻んでおこう

K.Ayabe

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*

Spam Protection by WP-SpamFree