In Our Time 2013

In Our Time

FEVERにお越し下さった皆さん、

本当に素敵な夜をありがとう。

本当は、日本の音楽を愛してやまない、僕の尊敬する音楽愛好家の谷田部さんに向けて組んだイベントだった。

谷田部さんにご来場頂けなかったのが本当に残念でならなかったけれど、

僕が伝えたい気持ちは、無事にカタチになった。

リハーサルの時間に堂島兄さんにご来場いただき、本当に驚きと感激とで僕はただ突っ立ていた。

明日、じっくりとこのイベント締めくくれる様な日記を準備したいと思う。

なぜなら、僕は「In Our Time」を思い出にしたくないからだ。

考察を重ね、芸術を受け継ぐ為にしっかりと見つめ直さなければならない。

UNCHAINがやっていたこと、高橋久美子が言っていたこと、

高野寛さんが表現していたこと。

「In Our Time2013」は終った。次のIn Our Timeが出来るまでは。

あやべ

One Comment

  1. nakako
    Posted 2013/06/03 at 1:34 AM | Permalink

    こころから楽しめたイベントでした。ありがとうございました。
    U&Designさんはじめてで、衝撃的に魅了されました。
    もしかしたら映画がすきなのかなと、勝手な想像。小さくて優しいストーリーの。
    1/3 1/3 1/3ずっときいてます。またライブにうかがいます。
    すてきな企画ライブありがとうございました。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*

Spam Protection by WP-SpamFree