Category Archives: 日常

Life

知らない世界に 飛び込むこと

ベルガモ12日目

石畳の上に、喜びの光が射している 眩しくて目を細めても 照り返してくるのは笑顔 風よ 煉瓦造りの屋根や壁に新しい色をつけて行く 剥がれていくものなど、ひとつもない すべては土に還ってゆき、 心は少しずつ乾くのだろう …地 [...]

終演が来て

日々は更新する のではなくて 何かもっと別の 新しさの時間 K.Ayabe

滑る

アイスコーヒーが喉を通る。 育った街にあり、ゴールキーパー役を買って出た あの小さな公園の滑り台 砂がたまって、なかなか降りて行かない滑り台と違って つるりとアイスコーヒーが喉を滑った。 ひんやりとした、足の裏が感じたシ [...]

6月3日

母が居間で寝そべっている そんな居心地のわるい夏の風が部屋に溜まって パソコンの画面に集中してキーボードを叩いていても、 お茶を飲みながら、テレビドラマの台詞が耳に邪魔しにくる 窓を閉めているとそんな錯覚に入る これから [...]

灼けついた影

燃焼している僕を横目に 水が入ったバケツを影がかけてくる 影を抜け、影を抜け ただし影にとって 僕の方が影なのかもしれない K.Ayabe

麦茶

香ばしい麦茶の匂いが、グラスの大きなふちに溜まっている コップを傾けると鼻がすっぽりその濃い香りの中へ浸かる 昨日の作業でやや筋の張った右腕が、潮面にわずか波を立て ゆっくりとテーブルに仕舞われる際は大きく波立った この [...]

無垢

新しくなろうとする それが原点にたれ K.Ayabe

夕刻

夕刻 初夏ともあって、日射しの方向はまだ庭に向いている。 薄いカーテンが山の隆起を思わせるには、いかほどか弱い風が吹いている。 知らぬ間に自然は訪れたり、還ったりしているのだろうが、 そこら辺目を向けてもその往来は確認で [...]

13:49 本棚 調べ

藤椅子に腰掛けた自分だけが意識して、時世界は変わるのか 昨日から小さな目標を持って日記を書く事にした。 目標を紙に書くことで、大体の達成を終えてしまった過去からしたら、 幾分も挑戦的な目標だといえる。 紙に書かないという [...]